Q.婚姻期間が20年以上の夫婦間で、居住用不動産か居住用不動産を取得するための金銭の贈与がなされた場合には、贈与税に関して基礎控除(110万円)に加えて最高2,000万円まで配偶者控除が認められているそうですが、この特例を受けるための条件はどのようなことですか?

A.この特例の適用を受けるためには、次の条件に該当する必要があります。
・夫婦の婚姻期間が20年を過ぎた後に贈与がなされたこと
・配偶者より贈与を受けた財産が、自身が住むための国内の居住用不動産であるか居住用不動産を取得するための金銭であること
・贈与を受けた年の翌年3月15日までに、贈与によって取得した国内の居住用不動産か贈与を受けた金銭で取得した国内の居住用不動産に、贈与を受けた者が実際に住んでいて、その後も引き続いて住む見込みであること

ちなみに、配偶者控除の適用を受けることができるのは、同一配偶者からの贈与につき一生に1回のみです。

カテゴリー: 住宅 パーマリンク